長い長い、洞窟の中から・・・

久しぶりにスピッツを聞いてたら、少し感傷的な気持ちになって、筆を執っています。

なので、いつものトーンとはちょっと違うかも。

そして、まとまりのないツラツラ系の文章です。

 

今月末から、いよいよ、サービスがリリースされていきます。

そして、思えば、大学生のころから、いろいろと志したり、夢見たりしながら、突っ走ってきたなぁ。と。

 

紆余曲折もあり、たくさんの素晴らしいご縁にも恵まれ、すごく幸せな人生を歩ませて頂いてるなぁ♪と改めて思います。

でも、僕自身が、特に30代は、ずっとある意味「洞窟の中」でした。

 

陽の側面から見れば、発明家として、一人洞窟にこもり、もう徹底して毎日毎日15時間くらいフルコミットで、開発し続けてきました。

その時間があったからこその、今の発明品たちがあります。

といっても、これから正式にリリースされていきますが(笑)

 

だけど、陰の側面からしたら、心を閉ざし、自分で使命と信じる道をひたすら孤独に歩んでた感じもあります。

という表現を使うと、この間に関わってくださった皆さんに申し訳ないのですが。。。

 

本当に、こんな状態の中、関わってくださった皆さま本当にありがとうございます!

そして、こんな私をも必要としてくださり、お仕事の機会をくださった皆様にも感謝しかありません。

 

特にこの6年間は、月間24日は発明家コミットと決めて生きていきたので、研修で登壇できる日も、月に6日程度しかありませんでした。

それでも何とか、かんとか、超が付くほどの自転車操業ながらも、たった一人の会社で、

ここまでの6年間のトータルの研究開発コスト3億円を作ることができたのも、皆様のお陰でしかありません。

 

そんな、皆様とのご縁に、感謝の気持ちを改めて、深く感じています。

それでも、なかなか、皆さんとお会いできない日々が続いておりましたが・・・

 

そして、ふと、今日思ったのです。

スピッツを聴きながら。。。

 

発明家として、「人類に進化をもたらす発明をする。」という使命に生きる。

 

というていのいい、言い訳を用意して、人と深く関わることを避けているのではないか?

 

って(笑)

 

もちろん、深く関わらないようにしている自覚はもともとありました。

でも、「使命を言い訳にしている」という発想は今まで持ってなかったのですが、いや、その可能性高いぞ。。。と(笑)

 

 

そう思うと、理由はいくつも思い浮かびますが。。。(苦笑)

 

まぁ、それも含めて自分の人生なのでしょう。

いよいよ、ここと向き合い、自ら開発した、技術を用いて、統合するタイミングなのかもしれません(笑)

 

そうする事でしか、発明家として辿り着けなかったところがあるにはあるのですが・・・

人知れず、「自己統合」というテーマの、理論、技術、ツール、アプリケーション、プラットフォーム、学習システムを、開発しまくることができました。

それらが、今年一気にリリースされていきます。

 

でも、本当は、これらを使って、これらがあるからこそ作れる「やりたい事」があるのです。

 

それは、「自己の統合」の先にある「人と人の和合」の世界の実現です。

 

「真の人と人の和合」のためには、まず「内的な自己の統合」が本当に鍵である。

 

 

と、自己統合のソリューションを提供したり、自分でも実践してみて、つくづく思います。

 

自己の統合なくして、和合を無理やり作ろうとすると、どこかで自己を喪失する。

そして、人々は、人や組織と「流動的な関係性」を作る。

その方が、楽だし、安定するから。

緩やかな繋がりの方が、安全で、安心だから。

 

でも、本当に私たちはそうしたいのでしょうか?

 

って、ごめんなさい。「私たち・・・」と、勝手に皆さんも巻き込んでしまいました(笑)

 

ちなみに、僕は、人の幸福は、「対話の質」に鍵があると思っています。

 

「対話の質」が、「関係性の質」となり、信頼、絆、愛となって行く。

 

だから、僕が本当に本当に作りたいのは、

 

深く、受け留め合いながらも、お互いに自己を統合しつつ、「真の自己で在りながら、語り合える場」

そんな、「文化」を社会の中に浸透させていきたい。

 

 

幸い僕には、心底、真の友と言える友人がいます。

よくもまぁ、いつも、どんな時でも、20年間ともに語り合い続けてきたなと(笑)

お互いにいかなる時も、信頼し合い、支え合い、尊敬し合って生きてこれたなと♪

 

だから、そんな深い深い関係性の価値を、深く深く知っています。

だからこそ、多くの人にもそんな場や関係性を持ってほしい。

 

20代から30代前半にかけては、そんな想いを抱き14年間かけてコミュニティ教育のNPO活動をやりました。

そこで、実現されたこともありましたが、本当の意味の社会インフラには程遠かった。。。

 

今、発明家として、発明品というわが子たちと共に、

そして、その発明品たちを使いこなそうと修行してくださってる皆様がたと共に、

これから、いったい何ができるだろうか?

 

発明品のリリースタイミングなのに、その先にできることをすごく考えたい気分。

 

はぁ。。。

スピッツすげぇ。。。

 

About author View all posts

Tomohisa IKuta

株式会社 WOWWAY 代表取締役
Chief Generate Officer

Vision
「世界中の人々が、真に自分らしくイキイキと輝いている世界」

を実現すべく、日夜

Mission
「人類が進化する発明をする!」

を実践しています。

<著書>
・これから24時間でかならず成長する方法
・あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法