「易学」と「インテグラルゲーム」の不思議な一致

「インテグラルゲーム」と「易」がどんどんつながってきました♪

 

なんと、僕が配置していた「陰陽」の配置と易学の陰陽の配置が全く同じだった事が判明!!!

 

01_インテグレートシート_lite

 

生田の考え方

真ん中を「陰陽」半分にとって、MECEに陰陽と外側に取っていく。

この時、下が陰、上が陽として広げていく。

上には陽の氣があり、陽を惹きつける磁力があり、

下には陰の氣があり、陰を惹きつける磁力がある。

とした。

このルールで3層目、4層目と広げていった。

 

そして、どうも陰陽図と近いなぁとおもって、昨日ようやく調べてみた。

そしたら、なんと全く同じじゃないですか!!!

taikyokuzu1

 

 

この陰陽図の右下の陽陽陽の「乾」が上

陰陰陰の「坤」が下。

陽が  ―

陰が  – –

なので、全く同じ配置でした!!!

 

人間が考える事なんて同じなんだなぁと思った♪

 

しかし、ここから更に人類の英知とも言える易の概念は深い!!!

 

インテグラルゲームとも一部統合できたので、

人生万事塞翁が馬である概念を

占いという「運」による要素を入れられたことで、

より人生の縮図にできるようになった。

 

いやはや、易が深いですよ♪

今週は易、陰陽五行、道、神道あたりの研究をし、

自分の創りだしたアイミングとインテグラルゲームとどう関係しているか?

を考えていきます♪

About author View all posts

Tomohisa IKuta

株式会社 WOWWAY 代表取締役
Chief Generate Officer

Vision
「世界中の人々が、真に自分らしくイキイキと輝いている世界」

を実現すべく、日夜

Mission
「人類が進化する発明をする!」

を実践しています。

<著書>
・これから24時間でかならず成長する方法
・あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法