「内発性」と「偶発性」の役割

自己探求し、アイデンティティを確立し、自己で在ることで、人は究極の

『意志』

を得ることができ、

『奮起』

できる。

そして、自己超越し、アイデンティティを手放し、無私となることで、人は究極の

『愛』

を得る事ができ、

『感謝』

できる。

そしてこの時は、意図を手放してるがゆえに、

『偶発性』

が高まり、シンクロニシティに出会う確率が上がり

『興奮』

できる。

自己からの『内発性』によって、
『奮起』でき、

無私による『偶発性』によって、
『興奮』できる。

どちらも結果として、

自らの『氣』が

奮い立つ。

そして、

氣運が高まり、

運氣が上がる。

この二つの矛盾を統合する試みに、私なりの答えが出た。

無私にたどり着くには、究極に自己を深める事であり、究極に自己を深めた先は無私となる。

つまり、無私と自己の究極は同じ立ち位置となる。

生田のモデル図では、二つの球が連なっている図で示している。

今と言う南極点から、
自己実現と言う北極点を目指す。

そして、その北極点は、連なっている精神世界の球の南極点が接点となっている。

つまり、自己実現と自己超越は、二つの球の接点となる。

とまぁ、独自に考えてみてるが、易学でもそうであったように、きっと先人達はすでに似たようなモデルを作ってる人もいるであろう。

そしてそこをさらに深ぼっているのであろう。

早くそんな叡智に出会いたい!!

About author View all posts

Tomohisa IKuta

株式会社 WOWWAY 代表取締役
Chief Generate Officer

Vision
「世界中の人々が、真に自分らしくイキイキと輝いている世界」

を実現すべく、日夜

Mission
「人類が進化する発明をする!」

を実践しています。

<著書>
・これから24時間でかならず成長する方法
・あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法