3歳からのゲーミフィケーション教育システムを作ってみました♪

ジェネレイター(発明家)魂に火が付き、思いっきりワクワクして作っちゃいました♪

3歳になった息子のWOWな成長のための成長システム♪

実施2日間で、なんと、

 

ひらがな50音を読めるようになりました♪

1~10までを数えられるようになりました♪

 

ふふふ♪

お父さんの狙い通り、思いっきりはまっています♪

用意したグッズの完成写真たちはこちら♪

そして、教育の設計思想も追加していきます♪

 

ちょうど今年のテーマが、

 

教育×エンターテイメント×テクノロジー

 

だったので、もう余計に僕がはまっちゃいました♪

 

【1】大好きをゲットできる仕組み。

DSC08246

 

わが子はトミカが大好き♪

そして、クリスマスにサンタさんがプレゼント持ってきてくれるんだけど何がいい?

 

と聞いたら

「マックイーンとメーター」

と言ってました♪

これは、ディズニーの「カーズ」という映画の主人公。

トミカ2台とは、なんと欲のない素晴らしい子でしょう。

よしそしたら、お父さんがおまけしちゃうぞ!!!

と勢い余って教育システムまで構築してしまいました♪

 

わが子には、「大好きなトミカがほしい!」という強烈な欲求エネルギーがあります。

このエネルギーに負けてただ与えていては子供の主体性教育的に面白くない。

「欲しいものはちゃんとつかみ取ろう!」という仕組みを作るために、

まず、景品はトミカのカーズシリーズに決定。

 

【2】確実性と不確実性の連動

DSC08248

 

努力は必ず報われるわけではないが、ひとかどの人物は必ず努力している。

 

という事で、

 

努力をするという事は確実にできる。

→お題ごとにコイン数を決めコインをゲット

 

必ず報われるわけではない、そこに運と縁の不確実な要素があるのが人生。

→ビンゴを回して、出た数字の景品をゲット。

 

【3】与えすぎない期待値の計算

kitaichi

コイン10枚で一回ビンゴに挑戦できる仕組み。

子供なので、トミカをゲットしすぎても、微妙。

買い与えるなら、月に1台くらいなので、努力して自分で掴み取るという経験ならば、まぁ2台~3台までなら教育価値を考えるとちょうどいい塩梅かと。

そんなふうにして、大体48マス中11マスにトミカを配置し、1番のマスはどれでも好きなトミカを選べるスペシャルマスにしてみた♪

 

【4】興味と学びの連動

tomica

どうせひらがなを覚えるならば、大好きなトミカと連動させるのがアツイ!

 

ありの「あ」

じゃなくて、

アルファードの「あ」

 

かえるの「か」

じゃなくて

カローラの「か」

 

で覚えていく。これは抜群の効果だった。

 

【5】ツァイガルニック効果の活用

imgres

 

カーズに出てくる「マック」というトラックを買うと、自分用の収納ボックスが生まれて、そこにカーズを集めたくなる仕組み♪

そして、さすが、トミカシリーズ。

なんと、カーズシリーズのシールが付いてて、ケースに貼れるようになってるじゃない♪♪♪

子どもがほしくなる仕掛けが施されているあたり、最高でした♪

 

【6】物語によってよりキャラクターとの親近感を高める。

DSC08247

カーズDVDを2枚ゲット。

まずは、カーズ1のみをプレゼント。

そして、なんとディズニーさん、新しいシステムがいいじゃないですか♪

MovieNEXというサービスがあって、iPadでもダウンロードして見れる仕組みが付いてる♪

そしたら、子供用のiPad(旧お父さんの)で見れるじゃない♪

 

そしたら、どんどんキャラクターが好きになってて、

「お父さん、クリアーしたい!クリアーしたい!ってお勉強をせがんできます♪」

 

【7】意外と大事なお父さんの自己満

DSC08249

 

このライオンの南京錠マジでかっこいい!!!!

やばい!!!

それに合う鎖もHOMESでゲット。

うおおおお!!!

これいい!!!

 

自己満代 8000円(笑)

 

一緒に楽しむお父さんが、ワクワクすることで、一緒にワクワクできることもとても大切なので、

ディテールにこだわると僕が楽しいからよりやりたくなる♪

 

【8】ゲーミフィケーションシステムの陰陽を俯瞰

リクトクリスマス2

ここで、私の熱い発明でもあるInsight Mapが登場♪

UCバークレイキャリア講座や、文科省の国家プロジェクトでも導入済み♪

 

たくさんの教育の実践してくると、素晴らしいフィールドを作ることが、必ずしも有効じゃないことを何度も実体験しています。

 

素晴らしい環境を作ると、補助輪の機能になって、人の成長が促進されます。

そして、補助輪を外しても一人で自転車に乗れるようになる。

それが本来の補助輪効果(教育工学的な用語ではスキャフォールディング)。

 

でも、実際にはそのフィールドに依存してしまう人が多いのも事実。

だから、教育の施策は陰陽を俯瞰し、構成する必要があります。

今回InsightMapをやってみた分かったのは、

 

●ゲーミフィケーションシステムの実施の陽

 才能の開花

 楽しく工夫することを覚える。

 自発的な学習意欲

 

●ゲーミフィケーションシステムの実施の陰

 対価がないと頑張れない子になる

 親が教育手法に依存し、対面教育を怠る。

 楽しくないと学べなくなる

 忍耐力の欠如

 

●ゲーミフィケーションシステムをしない陰

 わがまま放題の子

 好奇心の幅が狭まる

 必要なタイミングにならないと学べない

 物事を楽しむ方法を経験できない。

 

という事が分かった。

全ての施策には陰陽があるので、はやりだからと言って安直にやってはいけないことも重々承知。

そのうえで、わが子の教育ポリシーを考えてみる。

 

大陸を駆け巡り、大空へ翔びたつ子に育ってほしいとの願いを込めて、

「陸翔 りくと」

と名付けたので、この名前というアイデンティティのために大切なことは、

 

思いっきり楽しく、人生を謳歌し、持てる才能を思いっきり開いてほしい♪

 

と願っている。

 

これはアイデンティティ教育を生業としている私のエゴでもあるが(笑)

そんな生き方をするには、振り切って、WOWな施策を経験しまくって、自分で工夫してこれらを作れるレベル、提供でできるレベルになればいい。

 

そのあたりは、ゲーミフィケーション実施の陽に集中しているので、

その願いを込めてゲーミフィケーションシステム実施決定!

 

ただし、懸念事項への対応も施策に導入。

●ゲーミフィケーションシステムの実施の陰

 対価がないと頑張れない子になる

→対価のない家事手伝い、お外でのあいさつなどを強化する。

善い行いはコインをもらえるもらえないに関わらず習慣かする。

→さらに、その目的は、自分の内側が気持ちい事であることを伝える。

「うん!胸の中が気持ちい♪」

と喜んでいた(笑)

 

 親が教育手法に依存し、対面教育を怠る。

→よい手法が見つかると、何でもかんでも親が依存しかねない。

しつけや、コミュニケーションの強化を行う。

二人目も生まれたので、「自立」と「主体性」の教育の実施(笑)

ってこれが速すぎる陰陽もありますが、もうどんどん行ってしまえ~!!!(笑)

という事で(笑)

 

 楽しくないと学べなくなる

 忍耐力の欠如

→これは一番避けたい事象

仕事とかは、楽しいからやるんじゃなくて、時に大変なこともやるべき・・・

と書きながら、僕は大学を出て起業している身であるので、心底好きで、魂を込められる仕事以外したことがない。

だけど、そのための地道で大変なことを乗り越えてきたもの事実。

ここでは、勉強を楽しいゲームにしてしまったので、

忍耐力はスポーツで学ぶ方向で進めることとします。

 

 

【結果】

2日間でひらがな50音を読めるようになり、

数を1~10まで数えられるようになりました♪

 

二人の育児で大変になってた妻のしつけの回数が50%くらい軽減できました♪

妻の精神面でのサポートもできて熱い♪

 

「お父さんチャレンジする~!クリアーする~!」

が口癖になりました(笑)

 

子供の興味と連動させたことで、学習効果は10倍程度は現状あると思います。

まだ初歩レベルですが、これからシステムを強化し、実践しまたおいおい情報をアップします♪

 

正直こういう教育手法の陽の面ばかり注目される時代ですが、陰陽ありますので、俯瞰しご家庭の方針で必要であればご活用ください♪

 

ああ♪♪♪

とにかくお父さんが楽しい(笑)

 

About author View all posts

Tomohisa IKuta

株式会社 WOWWAY 代表取締役
Chief Generate Officer

Vision
「世界中の人々が、真に自分らしくイキイキと輝いている世界」

を実現すべく、日夜

Mission
「人類が進化する発明をする!」

を実践しています。

<著書>
・これから24時間でかならず成長する方法
・あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法