「メタど真ん中現象」の不思議。

ここ数年の間は、アイミングという自己統合の技術を開発し、ひたすらひたすら、内なる陰陽の自己統合支援を行ってきました。

そして、腹の底からの自己一致感が伴う、「真の自己」や「真の使命」に出会った方々に共通することがあります。

 

ちなみに最初は、多くの方は

 

「自分が本当の意味でど真ん中と思える人生を生きたい。」
「次の10年、人生をかけてやりたいど真ん中の仕事や事業を明確にしたい。」

などの理由からアイミングを依頼されます。

 

しかし「真の使命」が分かると不思議な共通性が多いことに気付くのです。

それは、

 

本当の本当にやりたいど真ん中なことは、

「皆がど真ん中な自己として、生きられる支援をすること。」

となる方が、もう、ビックリするくらい多いのです。

 

そう、

 

私のど真ん中は、

人のど真ん中を支援すること。

という、メタ構造になっているのです。

この現象があまりにも起きるので、「メタど真ん中現象」と名付けました。

 

そして、そんな人の名前をずっと考え続けてきたのですが、最近「メタマー」と名付けてみました♪

 

メタマー(Metamar)の由来

 

 

これは、メタモルフォーゼ(metamorphose)という、
芋虫から蝶になるような、劇的な変容、変態の事を言う単語の頭の

Metamor

の音を拝借しています。

 

 

そして、メタマーは、自己変容を支援する人というニュアンスにしています。

 

そして、異性体(metamer)という、「同じ数、同じ種類の原子を持っているが、違う構造をしている物質」からもニュアンスをもらっています。

 

メタマーは、人を変えるのではなく、あくまでその人の人生や、思想を本人が再構築することで、統合された自己を形成する支援をする。

という意味合いを入れています。

 

そして、メタど真ん中というニュアンスを入れるために、

Meta+ am + er,or,ar

メタ+私を生きる+人

で、「私を生きる」を支援する人というニュアンスを入れてみました。

 

ちなみに、最後の人を表すer,or,arは、どれがいいか迷ったのですが、「I am a ・・・」となる流れを作ることなので、「ar」にしようかと。そして、どうせ造語なので、スペルもオンリーワンにしようかと。

という訳で、

 

「自己探求&統合の技術を用いて、人がど真ん中で生きることを支援する人」

メタマー

 

という概念が生まれました。

 

そして、よくコーチング、とかカウンセリングでセッションの受け手を「クライアント」と呼ぶのですが、僕の中ではいつもどうもしっくりこないのです。

なんか、こう相手側に主体性を感じないネーミングな気がして・・・

 

そこで、私たちが磨いている独自の自己統合の技術の世界では、コーチングなどで言うクライアントのことを、

 

「私を生きる人」=アイマー I’mar

 

と呼ぼうかと。

1on1のセッションの名前「アイミング(I’m-ing)」という名前と連動し、

しかも主体が相手にあるのがいい。

 

ちなみに、アイミングというネーミングでもこだわったのが主体を相手に置く事。

I am+ingする主体は、相手であるということ。

 

コーチングもいいネーミングだと思いますが、あくまでも僕の主観ですが、

コーチングという名前の場合は、主体が「コーチ」にあって、「コーチ」がする「コーチング」となるのです。

 

こういう主体が提供者にあるネーミングも発祥がアメリカという、

言語構造的に主語から話す英語圏であることも影響してるのかもしれません。

 

ちなみに僕的には、主体を相手に置けた方が、傾聴セッションにおいては、本質的であると考えて「アイミング」と名付けました♪

※あくまでにネーミングについての私の主観であって、コーチングという概念を否定するものではありませんので、誤解なさらぬようお願いいたします。

 

これらの概念を、まとめると、

 

「アイマー」がど真ん中に生きることを、

「メタマー」が、「アイミング、インサイトマップ」などの自己探求&統合の技術で支援する。

 

という事になります。

この言葉が安定するかどうかは、しばらく使ってみようかと。

 

そして、メタマーは、偉そうにメタを名乗る以上「最低限、自分自身が、自分を生きるの体現者」であり、実現に向けて邁進する人であるというニュアンスも入ってシビアでいい。

 

という事で、これから私は、そんなメタマーな人を支援するというメタ・メタマーモデルを構築していきます(笑)

そして、そんな私を支援してくれる皆さんは、メタ・メタ・メタマーです(笑)

 

 

そして、この真の自己に気付くと、かなりの人がメタマ―状態になるという事実に何度も触れたことで、

「人類は愛」である。という発想にもうなずけます。

 

人類の幸福は、

誰かの幸福を支援すること。

 

僕はそんなキャラじゃないんですが、もう愛なんだと、何百人の方のアイミングを通じて、教えて頂きました。

私自身もインヴェンスターとして、そんな皆さんからいただいた大きな気付きを少しでも形にするために、日々精進していまいります♪

ここでは公開できない、具体的な数値や開発の技術などを公開しますので、ご興味がある方はメルマガをどうぞご購読ください♪

 

 

 

Invenstor 生田知久の実践ラボ
ブログでは、公開できない具体的な実践内容を公開します。
は必須項目です

  • メールアドレス
  • メールアドレス(確認)

 








About author View all posts

Tomohisa IKuta

株式会社 WOWWAY 代表取締役
Chief Generate Officer

Vision
「世界中の人々が、真に自分らしくイキイキと輝いている世界」

を実現すべく、日夜

Mission
「人類が進化する発明をする!」

を実践しています。

<著書>
・これから24時間でかならず成長する方法
・あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法