INVENSTOR 生田知久の社会実験ログ


このブログでは、
自らを実験台とし「自己統合の技術」の社会実験の様子をお伝えいたします。

INVENSTOR=
INVENTOR(発明家) × INVESTOR(投資家)

自己統合=
内なる根源自己であるN極と、内なる統合自己であるS極の統合。
内なる自己を、外なる現実へ統合。

Mission Statement
Core Role 「INVENSTOR」 として、
Competency「革新的発明力」「複利的実現力」を磨き、

Vision 「命の火が踊り、魂が大驀笑している、内なる花火祭りな世界」を実現すべく、
Mission 「人類の進化資産を創発する」 ために日々精進する。

Living Statement
Being 「たまったまの驀笑竜」 な私として、
Policy「驀笑できるほど、ど真ん中の道を驀進する」を大切にし、
Living 「自由闊達に思いっきり楽しく、に生きている」を大事に生きる。

社会実験
Theme「自己統合の技術 アイミング」を通じて、
世界中にソーシャル・インパクトを起こし、
ユニコーン企業を作ることは可能なのか?

成果指標
Method「インテグレート・アイデンティティ・マネジメント」
を用いることで、毎月200%の事業成長は可能なのか?

組織形態
Team「サイクラシー ( 自立分散型 循環エコシステム )」を構築し、
年商1000万円×100人が働ける自己探求支援マーケット作れるのか?

陽の「作り私」から、陰陽の「合わせ私」へ

「アイデンティティの陰陽の統合」というテーマをずっと、実践と提供をしてきてようやく、

「誰がどうなれるためのものなの?」

のコンセプトができました♪

それが、作り笑い、作り話のように作ってしまった私「作り私」から、陰と陽が統合された真の「合わせ私」となること。

今日はそのコンセプトについて書いてみたいと思います♪

 

2つの「作り私」

1つめは、主に男性や、リーダータイプに多いパターンである

能動的に

「作り上げてしまった」

作り私

 

2つめは、主に女性や、サポータータイプに多いパターンである

受動的に

「作られてしまった」

作り私

 

 

どちらの「作り私」の状態でも、今の人生のステージにおいてはそれなりに、力を発揮してくれたし、人間関係をよくすることにも役立ってくれました。

しかし、次の10年、20年の人生を考えると、このままの「作り私」のままでは、頭打ちになることも分かってる。

そして、何よりも、このまま「ど真ん中の本当の自分じゃない」まま生きるつもりはない。

しかし、「作り私」だからこその「安心ゾーン」もある。

 

「では、そんな時どうしたらいいのだろう?」

 

そんな問いをお持ちの方々に向けて、

自己統合の基礎理論を学べる「アイダモン」と、

何年もかかる自己統合をたったの6セッションで実現する「アイミング」

を提供していきたいのだと改めて思いました♪

 

こんな時、アイミングでは、

 

「螺旋的発掘」によって、極にいる「陰の自己」と出会い、

その「極陰の自己」の「真の存在意義」を明確にする。

そして、それは、「内なる陰と陽の自己の統合」によって明確分かる。

 

人生のどんな些細な出来事も、すべて真の自己や真の使命、真のヴィジョンとつながっている。

アイミングの実演を見たことがある方は衝撃だったかもしれないが、

 

 

「昼にラーメンを食べたけど、夜もう一度ラーメンを食べるかどうか迷う。。。」

 

「トイレのフタを閉めたいけど、閉められない。。。」

 

「講義に集中したいのに、眠くて仕方ない。。。」

 

 

 

こんな、些細などうでもいいほどの葛藤から、1時間ほどのセッションで、真の統合された自己や、使命と気付き、魂に火が灯る感覚になる人すらもいる。

ここでは、やり方を説明しても伝わらないけど、構造だけは、トップ画像に貼っておきます。

統合を扱ってる方ならこれだけでも意味が分かる人がいるかもしれません(笑)

 

そして、ひたすらひたすら「陰陽の自己統合」のセッション「アイミング」をして気付いた真実があります。

それは、

 

「内なる陰陽」の2つの自己が統合されると、

それは愛になる。

 

という事実。もう何百回やっても、誰でやってもそうなる。

そして、日本語の不思議に気づく。

 

「愛」は「合い」である。

そして、2つのものが一つに合わさることを「仁」と書く。

そう、「内なる陰と陽が統合」されると、

人は自然と「仁」のエネルギーが開かれるようになっているようです。

 

 

そして、弁証法において、統合は、アウフヘーベンと言われるが、

ここでも面白いことに気付く。

 

テーゼ(正の命題)とアンチテーゼ(反対命題)を、

統合するとジンテーゼ(統合命題)となる。

 

そう統合されると、「ジン」となるのである。

二つが一つになると「ジン」であり、「仁」なのだ。

そして、「人」も「神」も「ジン」であり、アラブでは「精霊」も「ジン」である。

人・神・精霊の三位一体も「仁(ジン)」なのである。

 

 

そして、私は数多くの自己統合の自他の実践において、こう結論づけてみた。

 

「作り私」と「本来の私」の間に生じる陰陽のエネルギーを統合できたとき、

陰と陽が合わさり、仁(ジン)となり、

真我であり、ど真ん中の私である

「合わせ私」となる。

 

そして、これもたくさんの統合を通じて分かってきたのだが、

開かれる仁の形には、4つがある。

 

赤の仁

情熱・憤怒・結果・行動・決断・志・大義などを司る、「仁義」のエネルギー。

 

青の仁

冷静・批判・知識・学習・思考・探求・冷静を司る「仁智」のエネルギー。

 

黄色の仁

快楽・怠惰・笑い・明るさ・楽しさ・発想などを司る「仁楽(じんがく)※生田造語」のエネルギー

 

緑の仁

愛・不安・思いやり・配慮・受容・つながりなどを司る「仁愛」のエネルギー

 

Emotional-color

 

これらは、主に陽である単なる「義・智・愛・楽」ではない。

陰陽が統合された「仁」であるとき、自然かつ最大のエネルギーとなる。

この時、統合かつ中庸な在り方となれる。

 

 

そして、面白いことに、これらの仁を開き、「合わせ私」であるための鍵は、

「陰の自己」が握っているということ。

 

人生でずっと封印されてきた、克服されようとされてきた、弱く、我がままで、破壊的な自己。

その陰の自己こそが、「合わせ私」への大きなカギを握っている。

 

逆に言うならば、真我である「合わせ私」であれるために、

どんなに克服されようとしても、そのカギを守るために、この内なる「陰の自己」は消滅しない。

けなげにけなげに、真我への扉を開くカギを守っているのだ。

 

しかし、私たちはその存在意義に気付けず、

 

「こんな自分絶対変えてやる!」

とか、陰の自己をいじめたり、

「なんで、いつもこんな自分になっちゃうんだろう・・・」

とか落胆したりする。

 

自分にそんな風に扱われても、それでも、なお、鍵を守り続けている存在。

それが、「陰の自己」なのである。

 

内なる自己の統合により、その存在意義に気付けたとき、

そのけなげさに、自然と「陰の自己」への感謝が湧き、愛おしくなる。

 

「アイデンティティの統合」という、理解されることのない、実践と技術の開発が、ようやく一つの体系として立体を成してきた。

 

1月からはシリコンバレーをはじめとして、世界10カ国で、展開を始めます♪

 

ご興味ある方は、これらの概念を一通り、学べるプログラム「アイダモン」にお越しください♪

もしかしたら、開発者である僕が直接講義ができるのが最後になるかもしれません。

って、まぁ、自己統合には人生のタイミングがありますから、焦って申し込まないようにしてくださいね(笑)

真に必要な時は、自然と流れるものですから♪♪♪

 

ではでは、皆さんの今日がとってもWOWな一日でありますように♪

 

idamon-banner

3歳からのゲーミフィケーション教育システムを作ってみました♪

ジェネレイター(発明家)魂に火が付き、思いっきりワクワクして作っちゃいました♪

3歳になった息子のWOWな成長のための成長システム♪

実施2日間で、なんと、

 

ひらがな50音を読めるようになりました♪

1~10までを数えられるようになりました♪

 

ふふふ♪

お父さんの狙い通り、思いっきりはまっています♪

用意したグッズの完成写真たちはこちら♪

そして、教育の設計思想も追加していきます♪

 

ちょうど今年のテーマが、

 

教育×エンターテイメント×テクノロジー

 

だったので、もう余計に僕がはまっちゃいました♪

 

【1】大好きをゲットできる仕組み。

DSC08246

 

わが子はトミカが大好き♪

そして、クリスマスにサンタさんがプレゼント持ってきてくれるんだけど何がいい?

 

と聞いたら

「マックイーンとメーター」

と言ってました♪

これは、ディズニーの「カーズ」という映画の主人公。

トミカ2台とは、なんと欲のない素晴らしい子でしょう。

よしそしたら、お父さんがおまけしちゃうぞ!!!

と勢い余って教育システムまで構築してしまいました♪

 

わが子には、「大好きなトミカがほしい!」という強烈な欲求エネルギーがあります。

このエネルギーに負けてただ与えていては子供の主体性教育的に面白くない。

「欲しいものはちゃんとつかみ取ろう!」という仕組みを作るために、

まず、景品はトミカのカーズシリーズに決定。

 

【2】確実性と不確実性の連動

DSC08248

 

努力は必ず報われるわけではないが、ひとかどの人物は必ず努力している。

 

という事で、

 

努力をするという事は確実にできる。

→お題ごとにコイン数を決めコインをゲット

 

必ず報われるわけではない、そこに運と縁の不確実な要素があるのが人生。

→ビンゴを回して、出た数字の景品をゲット。

 

【3】与えすぎない期待値の計算

kitaichi

コイン10枚で一回ビンゴに挑戦できる仕組み。

子供なので、トミカをゲットしすぎても、微妙。

買い与えるなら、月に1台くらいなので、努力して自分で掴み取るという経験ならば、まぁ2台~3台までなら教育価値を考えるとちょうどいい塩梅かと。

そんなふうにして、大体48マス中11マスにトミカを配置し、1番のマスはどれでも好きなトミカを選べるスペシャルマスにしてみた♪

 

【4】興味と学びの連動

tomica

どうせひらがなを覚えるならば、大好きなトミカと連動させるのがアツイ!

 

ありの「あ」

じゃなくて、

アルファードの「あ」

 

かえるの「か」

じゃなくて

カローラの「か」

 

で覚えていく。これは抜群の効果だった。

 

【5】ツァイガルニック効果の活用

imgres

 

カーズに出てくる「マック」というトラックを買うと、自分用の収納ボックスが生まれて、そこにカーズを集めたくなる仕組み♪

そして、さすが、トミカシリーズ。

なんと、カーズシリーズのシールが付いてて、ケースに貼れるようになってるじゃない♪♪♪

子どもがほしくなる仕掛けが施されているあたり、最高でした♪

 

【6】物語によってよりキャラクターとの親近感を高める。

DSC08247

カーズDVDを2枚ゲット。

まずは、カーズ1のみをプレゼント。

そして、なんとディズニーさん、新しいシステムがいいじゃないですか♪

MovieNEXというサービスがあって、iPadでもダウンロードして見れる仕組みが付いてる♪

そしたら、子供用のiPad(旧お父さんの)で見れるじゃない♪

 

そしたら、どんどんキャラクターが好きになってて、

「お父さん、クリアーしたい!クリアーしたい!ってお勉強をせがんできます♪」

 

【7】意外と大事なお父さんの自己満

DSC08249

 

このライオンの南京錠マジでかっこいい!!!!

やばい!!!

それに合う鎖もHOMESでゲット。

うおおおお!!!

これいい!!!

 

自己満代 8000円(笑)

 

一緒に楽しむお父さんが、ワクワクすることで、一緒にワクワクできることもとても大切なので、

ディテールにこだわると僕が楽しいからよりやりたくなる♪

 

【8】ゲーミフィケーションシステムの陰陽を俯瞰

リクトクリスマス2

ここで、私の熱い発明でもあるInsight Mapが登場♪

UCバークレイキャリア講座や、文科省の国家プロジェクトでも導入済み♪

 

たくさんの教育の実践してくると、素晴らしいフィールドを作ることが、必ずしも有効じゃないことを何度も実体験しています。

 

素晴らしい環境を作ると、補助輪の機能になって、人の成長が促進されます。

そして、補助輪を外しても一人で自転車に乗れるようになる。

それが本来の補助輪効果(教育工学的な用語ではスキャフォールディング)。

 

でも、実際にはそのフィールドに依存してしまう人が多いのも事実。

だから、教育の施策は陰陽を俯瞰し、構成する必要があります。

今回InsightMapをやってみた分かったのは、

 

●ゲーミフィケーションシステムの実施の陽

 才能の開花

 楽しく工夫することを覚える。

 自発的な学習意欲

 

●ゲーミフィケーションシステムの実施の陰

 対価がないと頑張れない子になる

 親が教育手法に依存し、対面教育を怠る。

 楽しくないと学べなくなる

 忍耐力の欠如

 

●ゲーミフィケーションシステムをしない陰

 わがまま放題の子

 好奇心の幅が狭まる

 必要なタイミングにならないと学べない

 物事を楽しむ方法を経験できない。

 

という事が分かった。

全ての施策には陰陽があるので、はやりだからと言って安直にやってはいけないことも重々承知。

そのうえで、わが子の教育ポリシーを考えてみる。

 

大陸を駆け巡り、大空へ翔びたつ子に育ってほしいとの願いを込めて、

「陸翔 りくと」

と名付けたので、この名前というアイデンティティのために大切なことは、

 

思いっきり楽しく、人生を謳歌し、持てる才能を思いっきり開いてほしい♪

 

と願っている。

 

これはアイデンティティ教育を生業としている私のエゴでもあるが(笑)

そんな生き方をするには、振り切って、WOWな施策を経験しまくって、自分で工夫してこれらを作れるレベル、提供でできるレベルになればいい。

 

そのあたりは、ゲーミフィケーション実施の陽に集中しているので、

その願いを込めてゲーミフィケーションシステム実施決定!

 

ただし、懸念事項への対応も施策に導入。

●ゲーミフィケーションシステムの実施の陰

 対価がないと頑張れない子になる

→対価のない家事手伝い、お外でのあいさつなどを強化する。

善い行いはコインをもらえるもらえないに関わらず習慣かする。

→さらに、その目的は、自分の内側が気持ちい事であることを伝える。

「うん!胸の中が気持ちい♪」

と喜んでいた(笑)

 

 親が教育手法に依存し、対面教育を怠る。

→よい手法が見つかると、何でもかんでも親が依存しかねない。

しつけや、コミュニケーションの強化を行う。

二人目も生まれたので、「自立」と「主体性」の教育の実施(笑)

ってこれが速すぎる陰陽もありますが、もうどんどん行ってしまえ~!!!(笑)

という事で(笑)

 

 楽しくないと学べなくなる

 忍耐力の欠如

→これは一番避けたい事象

仕事とかは、楽しいからやるんじゃなくて、時に大変なこともやるべき・・・

と書きながら、僕は大学を出て起業している身であるので、心底好きで、魂を込められる仕事以外したことがない。

だけど、そのための地道で大変なことを乗り越えてきたもの事実。

ここでは、勉強を楽しいゲームにしてしまったので、

忍耐力はスポーツで学ぶ方向で進めることとします。

 

 

【結果】

2日間でひらがな50音を読めるようになり、

数を1~10まで数えられるようになりました♪

 

二人の育児で大変になってた妻のしつけの回数が50%くらい軽減できました♪

妻の精神面でのサポートもできて熱い♪

 

「お父さんチャレンジする~!クリアーする~!」

が口癖になりました(笑)

 

子供の興味と連動させたことで、学習効果は10倍程度は現状あると思います。

まだ初歩レベルですが、これからシステムを強化し、実践しまたおいおい情報をアップします♪

 

正直こういう教育手法の陽の面ばかり注目される時代ですが、陰陽ありますので、俯瞰しご家庭の方針で必要であればご活用ください♪

 

ああ♪♪♪

とにかくお父さんが楽しい(笑)

 

世界を旅する「エデュケーション・サーカス団」

今回のアメリカの旅で、改めて見えてきたVisionがあります。

それは、

 

世界中を舞台に、

「自己探求の内なる旅」を支援する

アイデンティティ教育サーカス団

 

を作りたいということ。

 

今回の旅で、改めて気づいたのは、やはり、

アメリカでも「アイデンティティの統合」のコンテンツの反響が大きかったということ。

 

日本だけではなく、アメリカも、そしてきっと世界中の人々が

 

「私は何者として、どこへ向かいたいのか?」

 

を知り、その道を歩みたいと思っているはずです。

(まぁ、だいたい作り手は自分のポジションに陶酔すやすいのですが 笑)

 

まぁ、それにも陰陽があるとして、提供したい企画は、

 

日本人の方向けに、世界で自己探求の旅。

海外の方向けに、現地で、自己探求の旅。

そして、これを実現するためには、

日本中、世界中を舞台に、皆さんと共に「自己確立・統合」を支援するプラットフォームを作りたい♪

 

そして、思いっきり熱く、楽しく、温かく共に歩めるスタイルを作っていきたい。

 

そして、それは、価値の作り手にとっても、まさに夢であり、志である道となるはず。

ザッポスで実際に見て学んだ、どうしても人々が夢中で働きたくなる目的と文化が本当に大切だということ。

そして、それをちゃんと産業として確立することの大切さ。

 

これから、一歩一歩この新しくできたヴィジョンに向けて歩んでいきたいと思っています。

アメリカでは本当に奇跡的な素晴らしい出会いが多かったからこそ、いい意味でウキウキし、いい意味で気を引き締めて、着実な動きもしていこうと思っています。

 

しかし、この「着実」ってのが、僕にはとっても難しくてとっても苦労したのですが・・・(笑)

 

皆さんの毎日が、輝く笑顔で溢れますように♪

 

生田知久

「不確実性」を「遊ぶ」時代

人は時に、確実な未来よりも、不確実な未来の方が、「未知へのワクワク感」が増して楽しくなる。

そして、不確実な状況だからこそ、そこでつながったご縁をミラクル!と感じることができる。

そして、お互いに、すっごく楽しくなる。

 

そう。

 

「偶発性のご縁」

 

は、人にとって最高の楽しみなのではないか?

恋が盛り上がるのもそんな時だし(笑)

 

そして、今回のシリコンバレー起業の旅では、身をもって体験しました♪

 

 

【ハリウッドの巨人 アントニオ・ジェリーニ氏とのご縁】

 

サンフランシスコのマリオットHotelのラウンジがWOWすぎて、ここで思わず今後の戦略をワクワクしながら作っていました♪

上の写真のところですが、もう最高の場所です♪

 

ちなみにエクスペディアでは、なんとここでも17000円/部屋でした♪

超オススメです♪

 

こんな素敵なところだと、発明家魂にもう火が付きまくって、

旅の間に気づいた気づきをもう一心不乱にまとめていました♪

 

そしたら、陽気な方が話しかけてきました♪

 

「ちょっと、妻との写真を撮ってほしんだ♪」

 

大学受験以来、英語と離れている私が自信をもって言える数少ない言葉が口からついて出ました。

 

「Sure!」

 

そして、お写真を撮り、一言二言交わして、彼らは去っていきました♪

 

そしたら、10分後くらいに、今度はおひとりでその方が歩いて来て、また写真を撮ってほしいとのこと♪

 

外から見ても明らかに、発明モードに火がついていて集中モードの私にさくっと話しかけてくれた

「外国の方の気さくさ」と、「いい意味で変に空気を読まない」のが、本当に素敵だと感じながら、

例の自信ある英語「Sure!」、英語への自信のなさをごまかす笑顔で答え、写真を撮りました♪

 

そしたら、後ろのきれいな海をバックにしたもんだから、逆光でして。。。

スマホには、「HDR」という逆光補正の機能があるので、それの使い方を教えてあげてたら、何か

 

「もっと話そう!」

 

的なことを言ってくれました。

英語は50%くらいしか理解していないのですが、さすがに雰囲気で分かります。

 

日本人的には普通ですが、どうもえらく感動してくれたみたいです。

 

そして、彼の仕事の話、私が今回アメリカに来た話をしました。

そして、UCバークレイMBAコースの研修デザインの方と話してきた話や、次回はスタンフォードMBAの方とご縁をいただけそうだとの話を共有し、

アイデンティティ統合の技術のコンセプトブックを見せました♪

そして、つたない英語で説明をしていると

 

「今、世界にはこんなコンテンツが必要だよ!」

「WOW!これは天の導きだ♪」

 

と僕の何倍も大喜びしてくれました♪

なんだか、そのアントニオさんの姿を見て僕もすっごく嬉しくなっちゃいました♪

 

そしてそんな、在り方だからこそ超一流なのだなぁ♪

そして、多くの人を惹きつけているエネルギーなんだろうな♪

 

となんか、とっても大事なことを教えて頂いた気がしました♪

 

そして、改めて仏教の言葉である

 

「慈悲喜捨」

 

は深いなと♪

今回は「喜:我がことのように、喜び合う」

の大切さを改めて感じさせていただきました♪

 

この旅中は、アメリカのエネルギーに触れて、本来の自分のエネルギーがすごく回復していくのを覚えました。

なんせ、去年の年末までの3年近くは、人との接点を最小限にし、ディズニーシーにこもって研究開発してたので・・・

アメリカの気さくさは本当にWOWでした♪

エネルギーを回復させていただき本当にありがたい♪

 

そして、8月8日にあるいわゆる日本でいう「レッドカーペット」的なイベントである「FAMILY FILM AWARDS」ご招待いただきました♪

 

そして、ビバリーヒルズにあるご自宅にも来て英訳したコンテンツについて話してほしいとのこと。

そして、

 

「なんなら”あのMS的なビル氏”とも友達だからつなぐよ?」

 

的な話が・・・。

初対面だったので、今後の信頼関係次第でしょうが、

とってもありがたいご縁への希望をいただけました♪

 

◆アントニオ・ジェリーニ氏のインタビュー◆

https://www.youtube.com/watch?v=mS5mSOaIJYk

 

 

人生には、コントロールできない「運」と「縁」の要素があります。

そして、それこそが、実は人生で最大のインパクトを作ります。

そして、不確実性の中の「運」と「ご縁」を楽しむメンタリティが、

変化のスピードが速い時代には必要になるかと♪

 

そして、実は人にとってこの

 

「偶発性のご縁」

 

こそが、楽しみであり、喜びなのではないでしょうか。

 

「不確実性」を遊ぶ時代。

 

そして、そのためには、

 

「不利」こそが「有利」の時代。

 

一人しか知り合いが居なかった、シリコンバレーだからこそ、

皆さんが、温かく迎え入れてくれて、ご縁を繋いでくれました。

 

学生の時に起業家予備軍として、動いていた時をふと思い出しました。

知識も、資金も、能力も、人脈も乏しい。

 

だからこそ、大物起業家の方々が思いっきり相談に乗ってくれたり、

紹介をたくさんしてもらえました。

そのご縁が今にも本当に生きています♪

 

 

本当の自分として生きようとすること。

それは時に、不利な状況になることもあります。

しかし、だからこそ、自分の力以上の「運」と「ご縁」の可能性が上がるのです。

そこに依存して人事を尽くさなければ、それまでですが、

 

人事を尽くして、天命を待つ。

 

という言葉が示すように、心底、魂を込められる事を徹底的に突き詰めた先には、

きっと道は開けるはずです。

例え道が開けなくとも、僕はそんな生き方が好きです。

だから、そんな人が大好きです。

みんな好きですが(笑)

 

 

皆さんの人生が、

不利だから、やめとけばいいのに、

本当の自分を生きるしかできなくて、

魂込めて自分の道を生きてしまって、

「運」と「ご縁」に恵まれてしまう。

そして、また誰かに「運」と「ご縁」を贈っている世界となりますように。

今風にいうなれば、

そんな、サステナブルな「運」と「ご縁」な人生でありますように♪

 

生田知久

 

 

iphoneのアイコンをクリック時の、ズームエフェクトをなくす方法

ずっと、なくしたかったiphoneのエフェクト。

前はなかったのにOS更新したら、アイコンをクリックするたびに「ビョーン」ってズームする。

この時酔うし、目が疲れる。

だから、いつもアイコンをクリックする時に、目をつぶってた(笑)

そしたら、偶然見つけちゃいました♪

このエフェクトなくす方法!こっちの方が反応が早い体感を得られるし、すっごくオススメ♪

 

1

 

 

 

2

 

 

 

3

 

 

 

4

 

 

 

で以下の状態でOK♪

5

これで、アイコンクリックするたびに酔う状況から脱出できる!!!

UC Berkeleyのキャリアワークショップに導入

アイデンティティ陰陽を俯瞰、洞察、統合する技術「インサイトマップ」

in-sight-insight-2

 

が、キャリアデザインシンキングを行うMerye Inc(http://meryeself.com/)とのコラボで、

カリフォルニアUCバークレーの学部生向けのキャリアワークショップに導入する事となりました♪

ちなみに、UCバークレーは、ハーバード、スタンドードにならぶ世界大学ランキング4位の大学です。

 

また、6月はシリコンバレーにて、アイデンティティの技術の展開を始めるのですが、

UCバークレイでも体験会が行われる運びとなっております♪

 

文科省の国家プロジェクト「トビタテ!留学ジャパン」に引き続き、とてもありがたいご縁によって、広がっております♪

 

また、現在立ち上げている統合アイデンティティを実現する学校「アイダモン」の体験講座にて、

「インサイトマップ」の体験もできますので、ご興味があるかたはぜひお越しください♪

 

↓以下のバナーをクリックしていただき、ページ下部に体験会の日程が記載されております。

IdamonConcept

 

私自身の統合されたアイデンティティは、「ジェネレイター(発明家)」なのですが、

そこに絞り込んでから、奇跡のような展開が毎日のように起きております♪

 

この

「真の私を生き、真の私を活かしている。」

という、何ともいえない充足感はトンデモないです♪

 

おひとりでも多くの、「真のアイデンティティ」を探求されているリーダーの方々が、

自己を統合される支援をできたら、どんなに熱いことであろう!とワクワクしちゃっております♪

 

アイダモンは、4月末から開催されるのですが、ふたを開けてみると

 

30,40代の経営者の方々が50%

一流の研修講師、コーチの方々が30%

30歳前後のリーダーの方々が20%

 

という割合でいらして頂ける感じです♪

 

本当にみなさん素敵な方々ばかりで、各分野において、私なんぞよりも遥かにお力を持たれている方々ばかりです♪

そんな方々にお越しいただき本当に嬉しい限りです♪

長年、ずっと研究開発をしてきた甲斐がありました♪

 

アイダモンは、まだ若干残席がございますので、

 

「陰と陽を統合した真のアイデンティティ」

 

を明確にし、その道を歩みたい30代、40代のリーダーの方々はぜひお越しいただけましたら幸いでございます♪

 

そして、これから、日本発のコンテンツで世界で勝負をしてまいりますので、

「アイデンティティ教育」をされたプロの講師、コーチ、研修会社、人事の方々ともご縁がございましたら幸いでございます。

 

「インサイトマップ」&「アイデンティティの統合の技術 」の体験講座はこちらへ

 

これから、一歩一歩精進し、さらに進んでいきたいと思います!

 

生田知久

浅学菲才ゆえのフォーカス

今年に入ってから、3年近い研究家発期間から、具現化モードに動き始めました

そして、各分野の素晴らしいエキスパートの方々とたくさんご縁をいただき、たくさんの素敵な再会がありました。

その分野においては、はるかに極められている皆様の在り方、生き方を感じるたびに、尊敬と感謝を感じると同時に、身が引き締まる想いになります。

 

たった1人の浅学菲才(一生そうであろう)の私が、真に成せることとは何か?

真に担うべき、役割、真に歩むべき道は何か?

 

それを改めて問う。

そして、ありがたいことに、何度深く問おうとも、明快な答えが浮かびあがる。

できる、できないじゃない。
大口をたたき、信頼を失うかどうかではない。

ただただ、腹の底の魂に火の灯った感覚。

そこにまっすぐまっすぐ、そして、そこからまっすぐまっすぐ伸びるエネルギーの身体感覚がある。

それは、
ジェネレイター(発明家)として
人類の「存在の自由」に進化をもたらす発明をしたい。
そして、一人でも多くの方々が、

 

真の自分らしく、思いっきりイキイキと輝く人生の道を歩んでいただきたい。
ただただ、そう感じるものがあるので、

ただただ、そこに向かい、一歩一歩、歩み続けたい。

それが私にとっての道であることを勝手に感じ、勝手に歩んでいる。

なぜ、その道を歩むのか?

それは、私自身が

「人類に真価をもたらす発明家」として生きたいからだ。

そういう存在であり続けたいと感じている。

 

役職、社名、学校名、国籍。

あらゆるものを取り払った究極の私とはいったい何者なのか?

 

その問いの答えを、生きる理由として持てることが、

こんなにも豊かで、こんなにも毎日がフロー状態になるとは♪

 

そう望まれる方々が、世界中におひとりでもいらっしゃる限り、私の人生の目標が費えることはない。

と、今この瞬間、感じている。

今日も一歩一歩。

明日も一歩一歩。

自分自身が価値だと、勝手に信じている道を歩んでいく。

 

そして、自分が自分のアイデンティティと定義している

「人類に真価をもたらす発明家」

として、恥じない毎日を歩みたい。

 

といいつつ、この考え方にも陰陽があり、

そこに恥じる日々にも陰陽がある。

 

「アイデンティティの統合」による「自己同一感」(造語)

「あらゆる陰陽を俯瞰」する「中庸マインド」

 

はこれまた二つで一つなのだと、改めて感じる。

 

というわけで、今日も思いっきりWOWに駆け抜けたいから、

真の自己と信じる自分として、

そこに全力フォーカスし、歩んでいきます♪

アイデンティティを統合するには?

アイデンティティを統合する学校「アイダモンのPVを作りました♪

最近はジェネレイター魂に火がついてしまったので、どんどん自分で制作して、体系化した概念を作り上げています。

まだまだ、これからですが、一歩一歩進んでいきます!

「気運」を高め、「運気」が上がるには?

私の考案した「自己統合の技術」アイミングを実施すると

 

「私とは何者か?そして、どこに向かうのか?」

が明確になる。

 

すると、驚くほど「気」が高まり、「運」が上がる。

そして、現実にインパクトも起き始める。

 

今日はそのメカニズムの簡単な説明と、さならる自己統合の課題を踏まえ、

「運」と「気」について書いてみようと思います。

 

アイデンティティ VS スピリチュアリティ

 

究極まで「自己統合」を行おうとすると、どうしても2つの概念が対立する。

 

それは、

 

アイデンティティ

スピリチュアリティ

 

私の考えでは、

「アイデンティティ」(正確にはメタ・アイデンティティ=真の自己)が明確になり軸ができると、

 

「使命」が明確なり、

「気」が放たれるので、「運」が高まる。

→「気運が高まる。」

 

自我を手放し「スピリチュアリティ」を軸にすると

「天命」が明確になり、

「運」が上がるので、「気」が上がる。

→「運気が上がる。」

 

そう、この二つは通常は対抗してしまう。

 

極端な話をすると、

「アイデンティティ」を軸にしすぎると、

自我が強くなり「スピリチュアリティ」と”分離”する。

すると人は、自己中心的で自分勝手になる。

 

「スピリチュアリティ」を軸にしすぎると、

自我がなくなり、「アイデンティティ」を”喪失”する。

すると人は、盲目的で自己喪失する。

 

そして、アイデンティティを軸にする人は、

盲目的で自己喪失をしているスピリチュアリティな人々に違和感を覚える。

 

逆に、スピリチュアリティを軸にする人々は、

自己中心的で、自分勝手なアイデンティティな人々に違和感を覚える。

 

では、この相反する二つの概念を統合するすべはあるのだろうか?

 

 

「使命」と「天命」の違いとは?

 

まず、「使命」と「天命」の違いについて考えてみる。

2つの明確な違いは「主語」であると考えた。

 

「使命」は、

「アイデンティティである私」が、いかに「私の命を使う」のか?

の答え。

 

「天命」は、

「スピリチュアリティである天」が、「私の命をいかに活かす」べきか?

の答え。

 

「使命」のためには、私は何者か?を知る必要があり、

「天命」のためには、自我を手放し、天に従う事が必要とされる。

 

人事を尽くして、天命を待つ。

 

両方を統合するためには、まさにこの言葉が本質的な答えとなるだろう。

 

まず

「アイデンティティ」を明確にし、「使命に生きる。」

=人事を尽くす。

 

そして、

「スピリチュアリティ」を信じ、「天命に生きる。」

=天命を待つ。

 

 

「使命」に生きる事で、「主体性」が発揮され、

「気」が放たれ、

人々が力を貸してくれるので、「運」を切り開ける。

 

そして、「天命」を感じながら生きているので、

「セレンディピティ(偶発的発見力)」が発揮され、

「運」が上がり、

そこに驚き、感謝することで、「気」が上がっていく。

 

私の結論では、スピリチュアリティの大切さを理解したうえで、

安易にそれのみにすると自己喪失するリスクが高いと考えている。

しかし、それすらも陰陽があり「塞翁が馬」なので、良し悪しではない。

 

ただし、宗教を持っていて、かつ修行し高僧や司祭になろうとうする人の場合は、

「スピリチュアリティ」と「アイデンティティ」がもともと一致する。

 

あとは、現実世界で、心身ともに疲れて果てた場合は、「大自然との一体化」などを感じられる

スピリチュアリティが唯一の救いであり、癒しである場合もある。

その場合は、大いに天を感じ、愛されている、守られている感覚を感じることが大切である。

 

そうでない場合は、私はまず「アイデンティティ確立」を優先することをオススメする立場である。

 

 

 

アイデンティティとスピリチュアリティの統合ツール

 

では、この二つの概念を統合するツールをどうやって作ればいいだろうか?

そこで、結論としてはインサイトマップに「天運」の要素を取り入れるために、

「八卦」を取り入れてみた。

 

というより、正確には偶然にもインサイトマップの陰陽の配置が、

「八卦の先天図と一致」したことから、

自然と取り入れることができた。

hakke-sentenzu

02_インテグラルMAP16-易

これこそまさに、セレンディピティ!!!

しかし紀元前3000年に作られていたとは・・・・

伏義さんすごい!!!

 

そして、どうせ取り入れるなら、歴史もあり、「易学」と呼ばれるように、

学問のように体系立てられているので、ちょうどよかった。

 

 

 

使い方は、まず「人事を尽くす」ために、

インサイトマップで陰陽をすべて考慮し、内的な自己間の葛藤を統合します。

(参照:インサイトマップの説明ページ

そして、

 

一番簡易的ですばやく占える「八卦用のサイコロ」を振って、

本卦(ほんか)と之卦(しか)を占います。

 

ちなみに、

本卦は、「現在、本人」をあらわし、

之卦は「未来、相手」をあらわします。

 

実際に使ってみると?

hakke-jissai

 

本卦 山雷頤

変爻 四

之卦 火雷噬嗑

 

詳しく書くと長いので、この2つの卦の内容を読んだ

ざくっと私なりに解釈を入れていくと、

 

本卦 山雷頤

「自統合のコンテンツをよく噛み砕いて伝わるようにすべし。

之卦 火雷噬嗑

「求めている人と、うまく噛み合うまで根気強く進めば吉」

 

という風に読み解けました♪

 

 

おおお!!!

なんか、まさにって感じ!!!

 

八卦は、とってもとっても奥が深い!!!

インサイトマップと統合できて、誰もが簡単に使えるのは、ここまでかな♪

もし本当に占いたい場合は、これ以降は、本物の八卦の占い師に方に委ねることにします♪

 

 

日本では、宗教を持たない人も多く、スピリチュアリティが人格のベースの人は少ない。

しかし、世界では宗教を持っている人、国が多い。

すると人類全体の精神的な統合を考えるならば、スピリチュアリティについて考えることが不可欠となる。

そして、日本でも「自己探求」というテーマにおいて、

スピリチュアリティも最近ブームになっているので、そこを統合する必要がある。

 

という訳で、このコンテンツの開発に至った訳です。

しかもまさに「運」によって。

 

 

「統合」という概念を扱っていくと、どうしても説明が複雑になっていく。

これをさらに

 

シンプル化して、

誰でも使いこなせるようにしてこそ本物。

そこに向けてさらなる精進あるのみ!!!

あらゆる葛藤から「自己統合」できるツール

やっとのことでできました!!!

 

集合研修で、

「自己統合」が起きるツールが!

 

人のあらゆる葛藤から、

「統合の扉」

「統合ヴィジョン」

「統合アイデンティティ」

「使命」「生き方」「天才性」・・・

などを「多人数」で引き出すツール。

 

葛藤を統合するって?

たとえば、

 

「トイレのふたを閉めたいけど、閉められない・・・」

「部下を褒めたいけど、褒められない。」

「遅刻したくないのに、ついしてしまう。」

「挑戦したいのに、行動が遅い。」

「自信を持ちたいのに、自信が持てない。」

などなど、ありとあらゆる

 

「葛藤をスタート」として、

「統合アイデンティティ」を引き出せるのです。

 

そして、統合アイデンティティが明確になると、

真の自己として、

最高の在り方で、最強のパフォーマンスが出るようになります。

 

これまでは、これを1対1の「アイミング」(深いダイアローグ)にて、

経営者を対象にやってきました。

中には3ヶ月で1億円近いインパクトが出て、

大きく躍進された方もいらっしゃいます。

その方との対談も1月には、出ますのでお楽しみに♪

 

アイミングは、本来何年もの精神修行を経ても到達が困難な、

「精神の自己統合の領域」をたったの3セッションで引き起こし、

次の3セッションで現実とつなげる事ができるのです。

そして、さらにマニアックなことに10年間、20年間葛藤してきている課題を統合し

魂レベルの真の自己と対話(オートマティスム)すらできるのです。

 

アイミング最大の課題・・・

 

アイミングは、マンツーマンのセッションなので、どうしてもコストが高くなってしまいます。

研修教育業界の方々なら、ご理解いただけると思いますが、

BtoBの研修の単価の90分間となると、1セッションあたり15万円してしまいます。

現在は限定20名のモニターで最初の2セッションを5万円×2で提供していますが、これを

「え!本当に自己統合が起こせて、そんな価格なの!?安い!!」

と思われるのは、長年自己と向き合い続け、実践をなさっていてかつ、経済的に豊かな方だけです。

 

しかし、

「60億人 総自己探求時代」の現代

↑(ちょっと大げさかな笑)

 

において、このままでは、世界中の人に貢献できない。

 

いかに、世界中の人に貢献できる仕組みを作るか?

 

できるなら、望む人たちには、「書道教室」や、「学習塾」のレベルの金額で提供したい。

月4回で8000円程度なので、1回90分あたり2000円前後。

 

私はボイストレーニングにも通っているが、月に2回で15000円くらい。

社会人なら、このくらいならそこまで負担もなく出せる。

 

そうすると、月額2万円以下で提供できる仕組みにしたい。

たとえば2DAY研修なら19800円とか。

 

通常マインドや精神を扱う研修は、プロフェッショナル向けのものが多いので、

相場としては、1日あたりの講習費が4万円前後。

2DAY講座だと6万~9万くらい。

 

実際にその価値があると思うけど、

現代で自己探求に本当に困っている人の中には、

「新卒~若手社会人」も多い。

 

だから、コストを抑えて、究極の自己統合を引き起こすためには、

 

「集合研修で提供できること。」

「講師の質に依存しないこと。」

 

の2点が必要になる。

講師の質は、プロフェッショナルとして、講師、コーチ経験3年以上あれば

提供できるようにしたい。

 

ここまでできれば、

「自分探しの迷宮」

に挑戦する方々に、

「精神の地図」と「案内人」

を提供することが可能となる。

そして、ようやく「インサイト・マップ」と名付けた陰陽を統合する技術を進化させて、

統合点の1まで持っていけるツールを開発できた。

これを

 

「インサイト・マップ ONE」

と名付けた。

 

「インサイト・マップ ONE」の設計思想

08_インサイトMAP1

あらゆる葛藤は、「陰、陽、陰、陽」広がっていくが、

私の15年間の研究と2000セッション以上の実践経験から、

8層目あたりで統合が起きることが分かっている。

 

ちなみに易学では、6層目の「2の6乗」=

64で森羅万象

の数字といわれている。

 

ワークで機能させるためには、4層目ですでに「16マス」あるものを

さらに5層目「32マス」、6層目「64マス」としては使うのに時間もかかり、

かつ頭が混乱してしまって使い物にならない。

 

なので、八卦では、8×8で出た目のところだけを

考慮する仕組みにせざるを得なかったんだと思う。

 

で、インサイトマップを

 

脳が4つまで瞬間認知できる能力

「サビタイジング」

を考えると、

4層目までは、陰、陽を広げる。

5層目から2つを1つに統合していく。

このとき、1層目~4層目の陰陽と「対極」をとりたいので、

3層目が陽ならば、5層目を陰で統合していく。

 

そうすると、1層目の陰陽と、一番外側の7層目の陰陽は「対極」をとることになる。

そして、その対極を抜けた8層目を上下に持っていく。

これは天国と地獄ととってもいい。

そして、それは表裏一体であり、同じ事象をどちらの視点で見るかだけである。

 

こうして経験上8層目という帰納的な考察と、

インサイトマップの特性上、8層目で統合点を導くツールができた。

 

実際に使ってみると?

 

実際に私も含め身近な数人にやってもらったら、そりゃもうトンでもない統合が起きた。

 

「1層目の陽」が「7層目の陰」によって、

心底「執着」が手放せる。

 

「1層目の陰」が「7層目の陽」によって、

心底「赦し」をもたらすことができる。

 08_インサイトMAP1_yurusi-shutyaku

釈迦の教えである

「慈悲喜捨」の「捨」

が深いところで起きるのである。

 

ちなみに、私自身も自分で開発して、人生の大きな課題を解決できちゃいました。

しかもインサイトマップを使いこなしている私だからというのもあるが、

たったの1時間でこれが起きた。

 

 

10年間の葛藤がなんとたったの1時間で統合されて、

エネルギーが通るだけじゃなくて、

「執着」が手離れて、「赦し」が起きた。

と同時にこれは

 

「とんでもない!!!」と自分で驚嘆。

 

あああ。

 

自画自賛できる

B型人間万歳!!!

 

ふぅ。

この性格じゃなければ、こんな人類の命題である

 

「私は何者であり、どこへ向かうのか?」

という「存在論」を扱うテーマの探求などできなかったのかもしれない。

 

まさに、「陰きわまりて陽」である(笑)

陰陽のことを深くつかむと、塞翁が馬モードになる。

時にそれが言い訳上手になってしまって困ったものである。

そして、言い訳上手(陰)が故の陽もあるし、

言い訳上手で困る(陰→陰)故の陽があることも分かっているので、

結局あるがままの真の自己として生きることしか人間にはできなんだ。

という結論に至る。

 

来年には、もろもろ開発してきた

「統合アイデンティティ・テクノロジー」

を駆使した「自己統合の学校」を作りたいと思っています。

 

もちろん、「お習字教室」価格で♪

僕のミッションは、「ジェネレイター(発明家)」として「人類の進化をもたらす発明をする」なので♪